PR車 買い替え

中古車購入

エルグランデはカッコいい

2004年12月 VQ25DE(V6・2500cc・186ps・レギュラーガソリン仕様)搭載モデルを追加。
これは排気量による税金の高いモデルしかラインアップされていなかった事で、他社のミニバンに販売台数で差を付けられており、以前より要望されていたためである。
この際に、11スピーカーやスーパーウーファーを採用した5.1chサラウンド・カ―シアターシステムが全車にオプション設定され、オーディオシステムはより充実した。


エルグランデのCMソングには、こんなものがある

初代
97年〜99年 小田和正『風のように』
99年〜00年 小田和正『こんな日だったね』
00年〜02年
「夢の旅人」篇 ジャーニー『オープン・アームズ』(アルバム『エスケイプ』に収録)
「Crater(クレーター)」篇 エアロスミス『ミス・ア・シング』(映画『アルマゲドン』の主題歌)

 2代目
03年〜04年
フィーダー『ファインド・ザ・カラー』
ボストン 『モア・ザン・ア・フィーリング』(スタジオミュージシャンによるアレンジ版)
04年〜06年 ジャーニー『ドント・ストップ・ビリーヴィン』
06年〜 ヴィレッジ・ピープル『ゴー・ウエスト』
ペット・ショップ・ボーイズのカバーが有名だが、CMではエリス・ホールがカバーし、原曲とは打って変わったジャズアレンジとなっている。
これらの曲はいずれも比較的洗練されているといわれるロック・バンドのものであり、車の独特のルックスとあいまって「センスのある車」というイメージをもたれる一因である。


 キャッチコピー

  初代
97年〜99年 「THE BIG DREAM」サブキャッチコピー「でっかく行こうぜ、人生は。」
CMキャラクターには岩城滉一や布川敏和が夫婦で登場した。
99年〜00年 「コイツと感動無限大」「誰よりも贅沢な夢を」サブキャッチコピー「THE BIG DREAM」
00年〜02年 「ダイナミックを駆り立てる」サブキャッチコピー「夢で終わらせるな。」

  2代目
02年〜03年「Dramatic Scale」「ようこそファーストクラスへ FIRST CLASS ON THE GROUND」
英語で行われる機長のアナウンスなど、飛行機のファーストクラスをイメージさせる独特の雰囲気が話題を呼んだ。
03年〜04年「ファーストクラスでいこう。‐The First class ELGRAND‐」
04年〜06年「Driving 1st class」
CMの完成度も高く、長期に渡って放送されたことで、CM曲はリバイバルヒットした。
06年〜「ダイナミックに行こうじゃないか。」 SHIFT_ワード「SHIFT_dynamism (ダイナミックをシフトする。)」
07年〜「10年かけてたどりついた、くつろぎがある。」

日産車を売る
タグ:日産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。